A little chat with a boy

この1週間、保護者の方にご案内を配布するのにあたり、御幣島校に通ってきているお子さんそして、保護者の方々とお話できる機会がいつもより多くありました。

先日、とてもしっかりお話をしてくれる小学2年の少年と少しお話をする機会がありました。まずは日本語で
私:「何の教科が好きなの?」
A boy:「算数」
私:「英語は楽しい?」
A boy:「うん、でもゲームとか多いの。」
私:「でもそれすごいじゃない、ずっと英語でコミュニケーションとってしてるんでしょう?」
A boy:「そうだよ。」
私:「まずは、ちゃんと聞き取りができて、コミュニケーションがとれれることだからね。」
そう少年に言って英語の言語にスイッチしてお話をしました。素晴らしい!ちゃんと恥ずかしがらずに、英語でコミュニケーション。わからない表現がでてきても、一生懸命、私の話ている内容から、理解しようと答えを導きだしている。会話は一方通行ではなりたたない。ある大手英会話塾の宣伝で「対話力」とあるが、まさしくそのとおり。 机の上での学習も大切。自分の力試しのつもりや、動機付けで英語検定をとってみるのもよし。ただ、対話力を鍛えるのは、対ひととのかかわりである。
小学生にも入ると,なかなか恥ずかしがって英語を人前で話さない子もいるし、間違いを恐れる子もいる。でも臆せずにこの少年のように、会話していくぞ、というガッツと柔軟性をもった子がもっともっともっと増えていくと嬉しい。
[PR]
by muse-kids | 2013-05-12 16:07 | General INFO.