説明会最終日を終えて。

日付も変わり、23日に、時間は真夜中をまわりました!(苦笑)
2月は加島校・御幣島校にて、4月のリニューアルに向けての説明会を開催しました。多数ご参加頂き誠に有り難うございました。説明会の後は、講師各位で4月にむけて、新クラスの打ち合わせと勉強会を行いました。Level 8/9からは基本的に日本語と英語を解するバイリンガル講師がクラスを担当します。なので、この勉強会にも力が入ります! さて、さすがにこのレベルになると、脳も日本語メイン、もちろん彼らたちの大半の生活は日本語です。だからこそ、興味深いバイリンガル教育!日⇔英でレッスンを進めるのはある意味刺激的です。中学生からの英語教育は、一番、どうやって進めていこうか?、というレベルでもあるのです。小学生までは英語のテストがありませんので、のびのびと学べます。中学生になってはじめて、考査テストや実力テストを経験します。今まで学習してきた「生きた英語」とは違い、学科勉強になるわけです。もちろん、公立であれば、高校受験に向けて内申点を気にしていかなくてはいけません。小学生→中学生のギャップは大きいですね。子供たちも中学生になってその違いに驚きます。でもはじめの点数が悪くても心配することはありません。今まで培ってきた「力」は、3年生ぐらいから次第に伴ってくるものです。受験を控えていても、行き着くところは、基礎力→応用力を持っているかです。すぐに1年生のテスト結果にでなくとも、大丈夫。あせらずコツコツです。
土曜日、加島校にて第1回目の中学1年生の、プライベートレッスンが始まりました。保護者の方のご希望でなく、本人の意思で「英会話中心のレッスン」を受けたいとのこと。得意なのはリスニング。ちょっと苦手はリーディングかな?会話中心だからといって、会話だけでなく、リーディングも文法もちゃんと学習していきます。その日、K君は沢山吸収してMUSEを後にしました。将来、日本語はもちろんでしょう。英語に、そして欲をいえば、将来もう一カ国の外国語を学んでもらい、視野の広い人を目指して欲しいものです。
[PR]
by muse-kids | 2014-02-23 01:35 | General INFO.