親と子が共に育む教育

2週間ほど前になりますが、約2年少し前まで、ミューズでアシスタントをしていた友美先生がお子さんを連れて、ミューズに遊びにきてくれました012.gifすっかりいいママになった彼女。一人目とは思えないぐらい息子さんもとてもおおらかに育てられています。058.gif もうすぐで2歳になる息子のM君。いろいろ考慮したのち、来年からは息子さんをインターナショナルキンダー幼稚園に週何日間か通わせることに決めたとのこと。最近、幼稚園に英語だけの幼稚園に入園するお子さんも増えてきました。メリットもデメリットもあります。043.gif 英語を早い時点に触れさせようと、インターナショナルのキンダーに通わせておくだけで、英語が話せるようになると、言った具合に先を考えずぽっと入園させてしまう親御さんも少なくありません。(もちろんそれなりの受講料がかかるので、こちらがクリアしてからのお話しとなります。)進学する小学校や環境考慮にいれる必要があるかとおもいます。

親御さんが長い目でお子さんと共に教育に関われるのか?また親御さんだってお子さんと同じように学ぶ姿勢も大切だし、忍耐力も必要です。幼児から小学生まではなんとか親のいうことも聞きますが、子供にも意思があるので、反抗期だってあります。また、一般的に子供の教育は大学までずっと続いていきます。

なぜ、インターナショナルに子供を入園させるのか?これから先どういう教育を子供に受けさすのか?034.gif
10年後を見据えたビジョンをまず親御さんが持つことが大切なのかもしれません。

さて、友美先生は実際ご自身が学生時代から英語にとても興味があり、仕事でも英語に関わってきました。常にぶれない視点を備えているので、しっかりと幼児教育にも関わっていかれるとおもいます。
多様化していくこれからの時代、教育のあり方もどんどん変わっていっています。きっと英語ができて当たり前という時代はもうすぐそこかもしれません。では、プラスアルファルファに何ができるのか?という付加価値が問われる時代がやってくるでしょう。ただ、特別なスキルを持つだけが付加価値ではありません。TOEICで満点近くとったからよし!でもありません。先を読み取る力、精神的な強さ、気配りとか、それだって大切な付加価値です。

世界の情勢は刻々と変化しています。○○大学に出たから子供の将来は安定ともいえない世の中です。先ずは、親御さんが視野を広めて、将来を見据た育て方そして教育に携わることが何よりも大切かもしれません。026.gif

d0305511_14331851.jpg



[PR]
by muse-kids | 2016-12-03 14:35