人気ブログランキング |

●勉強の苦手を克服したい。
●国語力や読解力を伸ばしたい!
●高校にむけて英検対策をどんどんしていきたい!でも勉強法が分からない。
●小学生の卒業までに英検3級を習得しておきたい! 

一番ベストな英語の習得法は、基礎力をしっかり、なおかつ考える力を養い、さらなる応用では伝えたいトピックについて発信出来る力をつけていくことです。2020年の教育改革では、このような対話できる英語力を趣旨としているのですが、現在、対策傾向が一人歩きしている状態で、これからどんな勉強をしていったらいいのか、わからない方も多いのではないでしょうか?142.png ミューズでは通常、基本ネイティブ講師やバイリンガル講師による、クオリティーの高いクラスを提供しています。もちろん、英検合格のための対策も大切です。
ただ英検に関しては、どんどん問題を解いていくしかありません。でも実際に、勉強法がわからなかったりなど、困っているお子さんも多いと思います。ミューズの寺子屋は、そんな勉強法がわからないお子さんにもってこいの寺子屋システムを開設しました。
また、寺子屋では、国語力の向上も目指しています。母国語での読解力の高い学生は、英語といった外国語に対しても比例して伸びが早いです。生活の大部分を日本語の環境で過ごしている私たち。これから英語力の向上や数学といった他教科においても、日本語能力はとても大切になってきます。ミューズでは、英検対策と国語力をアップするお手伝いをするのに寺子屋をオープンしました。受け身な姿勢の学習ではなく、自分から学ぶ・自主学習をするという姿勢(アクティブラーニング)を習慣づけけていくということが大切です。
まずは 机に向かって勉強する習慣をつけてどんどん問題を解いていきましょう! 174.png是非ミューズに来てみてください。


参加費:1,500 yen (入室退室時間関係なく1,500円となります。)
実施日: 土曜日19:00-21:00(途中入室・退室OKですが参加希望の方は事前にご連絡下さい。)



by muse-kids | 2019-05-27 15:23 | General INFO.

概念の違いについて。

お天気の良い日が続いています。174.png 如何お過ごしでしょうか?5月も下旬を迎えて、現在、中間考査を迎えている学生さん多いでしょう。

新年度が始まりもう少しで2ヶ月が経とうとしています。ミューズでのクラスの雰囲気も少しずつ落ち着いてきました。101.png
先日、ネイティブ講師とアシスタントティーチャーとまじえて、クラスの状況を確認していたのですが、少しこちらのブログで紹介したいと思います。169.png

主に10歳を対象としたレベル7のクラスについて。担当講師が非常に興味深いコメントをしたのです。「テキスト上に書いてある文法は理解しているようだが、生徒たちに実際に文章を発表してもらうアクティビティとなると、習った動詞や名詞を使って文章に組み立てることが難しい。」という状況に。147.png
つまり机上で習うことは理解しているが、応用が出来ないということ。

話しをさらに詳しく聞くと非常に興味深いことに気がついたのです。大人の方の初級から準中級のクラスで同じ状況を経験することが実は多々あるのです。これは英語と日本語の持つ概念の違いによるものかもしれません。

多くの英語学習者の方が、言いたい日本語をそのまま英語で表現出来ると思っている方が意外と多いのです。そんな場合、クラスで自制などといった文法はクリアできているのだけれども、それがなかなか自分のものになっていないのです。
英語は文型や構文そして時制を常に意識しなければ会話が成立しません。誰だって自分の母国語のように、色々なことを話題にして伝えたいと思うでしょう。英語は一種の方程式のようなもので、パターンにあてはめていくことが大切な鍵となります。154.png

例えば、Have you finished your homework yet?(宿題もう終わった?)と尋ねられたら・・。これはyes/no questionなので、Yes, I have. / No, I haven’t.となります。理由づけは、まずyes/noで答えてから。次に続く。といった具合。言い訳から入ってはいけないのです。日本語では、いやあ〜実はかくがくっしかじかで・・・みたいな理由づけが先にくるパターンが多いのではないでしょうか。

日々の生活での習慣や好きなこと、したい事を伝える時は現在形を用います。ここでキッズのクラスを例にすると、I play 〜.を使って文章を作りましょう。となる際に子供たちは実際どうやって文章をつくるのか戸惑うのです。119.png I play baseball. 否定文であれば、I don’t play baseball. つまり私は野球をします。/ 私は野球をしません。という日常生活において野球をするのかしないか。という状況です。しかしながらこの至ってシンプルな文を飛躍してしまい、どういうわけか、僕は野球するのが好き。という発想になってしまします。日本語で普段使いなれている文章に解釈してしまうのです。もっとわかりやすくいえば、関西弁では「私英語話なされへん。」という、出来るか、出来ないかのコンセプトで日々接していると日常的に英語を話すか、話さないかという概念になかなかいかないという事なのです。
日々の日常の会話の中で日本語では、〜が出来た、出来なかった、したいと思っている。というように、なかなか断言して表現することが少ないかもしれません。「明日、時間が空いてる?遊びに行こ?」と尋ねられて、「いいえ空いてません。」と返すと、なんだか冷たく聞こえてしまいます。そういった文化に根付いた言語表現法があって、すでに、子供たちもこういった社会性をみにつけていて、そういった事を無意識に意識し始めているわけです。主語も様々です。私、僕、オレ、などなど。会話の中では多々主語を省き、おまけに動詞も発せられず目的語だけで会話が成立する場合があります。(一方通行の会話ですが・・)
例えば、「何飲みたい?」「ジュース」同じような形式で英語で話すというシチュエーションです。ちなみに英語では ‘’What do you want to drink?'' (もう少し丁寧に言うと''What would you like to drink?’’ 答えは、’’I’d like some juice, please.’’ (I’d like をつけなくとも、pleaseは必ず付け加えたい!

私は大人の方のクラスを担当しているのですが、初級クラスに関しては、こういった、言語の持つ概念の違いを理解してもらうようにしています。

文法を学ぶことはとても大切です。でも机上だけのものでは、実際に使えない場合が多いのです。何度も口に出して、練習することで、やっと自分のものになっていきます。
また、言語だけでなく、言語を通じて、文化の違いを発見する事もとても大切で、語学を学ぶ上での醍醐味ではないでしょうか?いくらAI が発達して、翻訳機が発達したとしても、こういった経験は、やはり自身の経験値でしか習得することしか出来ません。 (T.M)

by muse-kids | 2019-05-23 20:52 | General INFO.

10日間にも及ぶ大型ゴールデンウイーク、皆さんはどのように過ごされましたか?110.png やっと学校が始まった!とウキウキしている人、157.png あ〜、嫌だな。と思っている人119.png 色々な気持ちで今朝登校したのではないでしょうか?ちょっといやだな〜と感じている人は、外に出て、大きく深呼吸してみると気分が晴れるかもしれません109.png 幸いお天気のいい日が続くので気持ちが良いですね。174.png

さて、甲子園口校で6月に古本バザールを開催致します。洋書はもちろんのこと、和書も沢山出しますので、どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。
d0305511_21444704.png

前回御幣島校で開催したBiblioSalon for teens、第2回目は甲子園口校で開催します
読む本は、
d0305511_21424617.jpg
クレオパトラです。110.png
d0305511_21335637.png
皆さんのご参加お待ちしています。 




by muse-kids | 2019-05-07 21:53 | Event INFO.

日付が変わって5月4日になりました。長いゴールデンウィークも後半を迎えようとしています。5/3に初めてBiblioSalon for Teensを御幣島校で開催しました。
第1回目のBblioSalon で取り扱った本は・・・
d0305511_00292323.jpeg
まずCalenndarについてもっと知ってもらうため、音読を始める前に、語彙のチェックと暦についてお話しをしました。時間に関する歴史は非常に興味深いものがあります。英語の読書や音読は、意味がわからない・・。と食わず嫌いになるパターンが多いのですが、ちょっと文化的バックグランドや、例えば、小説なら、簡単なあらすじを事前に説明しておくと、意外と読めるものなのです。そしてある程度の内容が把握できたり、重要な語彙を確認しておくと、十分、ただ読むだけでなく、理解して読んでるという落ち着いた聞いてて心地よい音読につながっていきます。音読の後は、理解度をチェックしていきます。
よほど重要な箇所は日本語をはさみますが、英語で8~9割レッスンを進めていきます。これからは、さらに、受講生に簡単なあらすじを伝えるようになる練習していったり、自分の意見を伝えるようになったりと、音読を通じて、思考力を養う力も育んでいきたいと思います。

さてくつろいだ雰囲気の中で、BiblioSalon Teensを楽しむことが出来ました。次は何を読もうかなあ〜。154.png

参加者の皆さんお疲れ様でした。
Enjoy rest of the Goldenweek holiday! (T.M)169.png


by muse-kids | 2019-05-04 00:53 | Event INFO.