Muse English for Kids to Youth Learners musekids.exblog.jp

幼児から小学生、そして中学生・高校生のためのイングリッシュ


by muse-kids
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

muse夏休み

8/11(日)〜8/18(日)

一部のプライベートクラスを除き、教室は休校となり、この間事務所もお休みいたします。

8/19(月)より通常レッスンとなります。

教室へのご連絡、月曜日プライベートクラスを受講の方でキャンセルをご希望の方は前日の20:00までに下記連絡先までお願い致します。

携帯からは→ muse-eng@ezweb.ne.jp
PCからは → muse_eng@yahoo.com

# by muse-kids | 2013-08-09 22:59 | General INFO.
Kids Club 加島 10月のスケジュールが決定しました!!
8月からのキッズクラブ予定なども合わせてcheckしてください。
(クリックしてチラシを拡大してご覧頂く事ができます)

秋のテーマ
Go and See Animals!!
〜動物園に行こう〜

お申し込みは、お電話/メールでどうぞ!
または、レッスンの際にアシスタントまでお知らせ下さい。

☆Nick , Chris が皆さんの参加をお待ちしております☆

d0305511_22464150.png

# by muse-kids | 2013-08-09 22:47 | Event INFO.
キッズクラブって、一体どんなことをやっているのかな???

・・・ということで、
先日のクラスで作った「ゲーム」と「クラフト」の一部をご紹介します!

ゲーム①
PIN THE SPIDER ON THE WEB
【自分のクモを1番真ん中につけよう】
d0305511_7235956.jpg
☛目隠しをして歩き、クモをベストポジションに運んでいきます。
この立派なクモの巣は、担当の先生がノリノリで描いてくれましたー♪


ゲーム②
FEED THE HUNGRY CATAPILLER
【はらぺこあおむしを満腹にさせよう】
d0305511_7241246.jpg
☛床に“クモの糸”を張り、そこにくっついく“エサ”を上手に取って、あおむしの口へ運びます。
あおむしの口いっぱいにエサが詰まっています♪









クラフト
MAKE A BUTTERFLY
【オリジナルちょうちょを羽ばたかせよう】
d0305511_724314.jpg






☛先生が描いた線に沿って切っていくと・・・?






d0305511_7242384.jpg






☛顔を描いて、
模様を描いて、
割り箸を振ったら・・・

flying butterflyの完成♪






‥‥‥‥‥‥・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キッズクラブは、各テーマごとのゲーム・クラフトが満載の50分!
テキストは使わずに、今まで知らなかった言葉もたくさん学びます。
1回単独のレッスンなので、都合の良いときだけ参加できます◎◎
MUSE会員だけではなく、ビジターさんも大歓迎!


夏休みの今がチャンス!!!
ぜひお友達やご兄弟といっしょに、
MUSEのキッズクラブに来て下さいヽ(・∀・)ノ
# by muse-kids | 2013-08-08 23:57 | Event INFO.
秋のキッズクラブ 新着情報!

メインテーマ
Go and See Animals!!
〜動物園に行こう〜

☆今回は動物をテーマに楽しいプログラムをたくさん用意しています☆
10月後半に小学生を対象にした特別イベントSpecial Autumn Partyも開催します!!!
今すぐcheckして下さいね。

ミューズ生徒さん以外の方も参加できます。参加は1回〜でもOKです♪
お友達とご一緒にキッズクラブにお越し下さい!

詳しいご案内、8月〜10月の予定はEvent INFOのページをご覧下さい。
# by muse-kids | 2013-08-08 21:53 | General INFO.
昨日開催したKIDS CLUB ''世界を知ろうGeography''を担当したTerumiです。

前回のReiko先生のコメントででたブルキナファソは今回残念ながらでてきませんでした。

初めに、子供たちが知っている身近な国の名前をあげていってもらいました。
参加した児童たち、思った以上に、よく国を知ってて、こちらが驚いたぐらい!
日本名とは違う国も沢山。実際に地図に挙げてもらった国を書いてもらう。残りの時間は、National Flags(国旗)あてゲームに、その国では何語が話されているのかを一緒に学んでいきました。

子供たちが驚いた国名の1つにイギリスがあります。一度、お子さんの持っている地図帳を開けてみて下さい。実際、国名として「イギリス」と表記されています。でもこのイギリス、実は正式な国名ではないのです。
昨日、英語版の地図をみてみると、そこには''United Kingdom''と書かれています。そうなのです。
私たちがイギリスと読んでいる国の正式な名前は「The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」日本語での正式名称は『グレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国』

d0305511_104137100.jpg


England (イギリス)Scotland (スコットランド)Wales (ウエールズ)Northern Ireland (北アイルランド)この4つの王国が集まってThe UKなのです。
スコットランドもかつては独立国でした。 歴史を遡ると、宗教的対立、民族的対立が繰り広げられていた地域であり、未だにナショナリズムに基づく対立さえ存在することがらが沢山存在するのです。
民族い誇りを持つ彼ら、例えば、スコットランド人出身の方に、''Are you English?''(あなた、イギリス人?)なんて尋ねたりすると、''No, I'm Scottish.''(違うよ。僕はスコットランド人。)と返事がかえってくる。間違っても、誰かに『彼〜出身』と紹介する時に、なんでもかんでも ''He's from England.''でしめくるくると、反感を買うのは間違いなし。どこの地域か?わからないときは,
''He's from Britain.''(彼は英国出身よ。)''They're British.''(彼女たちは英国人。)が無難かもしれませんね。でも出身地がちゃんとわかっていると、''They are Scottish.'' や ''She is Welish.''
そして、''They are Irish.''とすると、好感をもたれるかもしれません。

d0305511_1216535.jpg




さて、今日、日本も近隣諸国との間で、不協和音の風が吹いています。近いからこそ、歴史背景も大きく関わりそこから生まれる問題も多いわけですね。
どの国も多かれ少なかれ、歴史的観念から、民族的理由そして信条的なもので、国レベルや民族間で
摩擦や対立が起こることはあります。互いの違いを認識した上で、違いを少しでも受け入れて行こう、理解しようとする努力が視野を広げる1つの解決法になるのかもしれません。

これからの世界を担う子供たちが、自分の生まれ育った国に誇りを持ちつつも,世界の一員である視野の広い考え方ができる大人になっていって欲しいものです。

d0305511_12161274.jpg

# by muse-kids | 2013-08-06 12:13 | Event INFO.